医師の勤務体系は病院によって異なる

医療関係の仕事状況は厳しくなっている

医療とは社会的に非常に重要な仕事として認知されています。医療関係の仕事状況は特定の医療科目で医師の不足が顕在化しています。看護師は慢性的に不測の状況が続いています。医師の勤務体系は病院や診療所によって大きく異なります。入院患者がいる場合には当直医師が必要となりますので医師はシフトによって当直を行うことになります。一般的に入院患者のいる病院は大規模な病院が多いのでシフトの変更は可能とはなりますが、医師が自分にあった働き方をするのは難しいことになっています。入院患者を担当している場合にはいつ呼び出しを受けるかわかりませんので病院のそばに宿泊する必要がありますので、病院の宿舎に入居するのが多くなっています。

医学の進歩は目覚ましい

近年の医学の進歩は目覚ましいものがあります。医師は自分の専門分野の動きを常に把握する必要があります。学会に参加したり医学雑誌に目を通すことも重要です。機械の操作や薬の内容の把握も不可欠となっています。医薬分離の結果従来よりは進歩する薬事情に触れるケースが少なくなっていますが、診療している患者に最適な治療を行うためには薬についての知識も必要です。医師の自分にあった働き方をするためには独立することが近道です。独立するためには多額の費用が必要ですが、診療所レベルであれば入院患者がおりませんので診療時間以外は自由な時間を持つことが出来ます。事前に休診日を設けてそのことを告知しておけば診療を休むことも可能です。

© Copyright Happy Cooperation. All Rights Reserved.