医師の自分にあった働き方を保証するために

医療関係の仕事状況は厳しい

昨今の医療環境において、「医師の自分にあった働き方」は重大な問題となっています。報道でもたびたび取り沙汰されるように、医療関係の仕事状況はとても厳しいものだからです。医療とは誰にでもできるものではなく、専門的な技術や知識、そして経験が必要とされます。それらの条件を満たす人材は、当然の事ながら一山いくらで売られていたりはしないのです。どこの医療現場も人手不足に苦しんでおり、従って医療従事者一人ひとりに掛かる負担が大きくなるという次第です。医師の勤務体系を取り巻くこうした厳しい環境の中で、一人の生活者としての医師の自分にあった働き方をどう確保するかが重大な懸案事項とされるようになりました。労働環境の改善は、医療現場に人を集める上でも重要だからです。

医師の勤務体系はさまざまだが

医師の勤務体系は、大きく分けて病院勤務と個人開業医に分けられます。前者はシフトに合わせて勤務し、後者は自分自身の責任において医院を開き、それぞれ治療を行います。ところが突発事態・緊急事態の非常に多い医療現場のことですから、「シフト」といっても一般に考えられているもののようにはなかなか行きません。基本的にカレンダー的な習慣性とは無縁の職種であり、そこへ急患への対処も加わります。開業医であってもやはりそれは同じことです。地域医療を支えるその性質上、急患対処への責務はより重大なものとなります。近年では進歩する薬事情により、患者一人あたりの医師の負担は軽減される傾向にあります。しかし、医療とは薬を処方して終わりというものではありません。患者と向き合う医療を維持してゆくためにも、医療現場は多くの人材を必要としているのです。

© Copyright Happy Cooperation. All Rights Reserved.