医師の自分にあった働き方とは

進歩する薬事情と現場の苦悩

医師の自分にあった働き方にまつわる話題が沸騰してきており、話題を呼んでいます。進歩する薬事情を背景にして、医療関係の仕事状況も大きく変化を見せてきています。ありとあらゆる分野において、ネットワークサービスの恩恵がもたらされる今、福祉医療をめぐる環境も例外ではありません。高齢化社会の波が押し寄せてきており、国家レベルでの対策が模索されているのが現状です。厚生労働省をはじめ関連省庁では、増え続ける福祉医療費の財源確保をはじめ、多くの事態に頭を悩ませています。昨今における医療現場における懸案事項として、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の不足の状況があげられています。病院やクリニックなどが悲鳴をあげています。

医師の勤務体系にも変化

医療とは何かという根本的な話題がクローズアップされる機会が増えてきています。医師や看護師、薬剤師などの担い手不足が取り上げられる中、各医療機関における模索が続いています。医師の勤務体系についても、かねてからその過酷さが指摘されてきました。朝早くから夜遅くまでの時間に及ぶ勤務が医師の心と身体をむしばんでいくというものです。患者の診察はもとより、検査や相談に至るまで、医師の役割は重要です。このような厳しい事態にある医療現場においては、いわゆる連携クリティカルパスの動きがみられるようになってきており、事態打開に向けて期待されています。大学病院などの施設の充実した医療機関や、個人病院、薬局などが、連携強化を図っていくものです。

© Copyright Happy Cooperation. All Rights Reserved.